アウトレット家具でソファを買おう!【低コストで良い物GET】

激安アウトレット家具の中にある、あなたの部屋に合ったソファ

激安アウトレット家具の選び方と訳アリに見せない工夫

ここでは、激安アウトレット家具としてよく販売されているソファの上手な選びかたを紹介したいと思います。激安家具アウトレット家具のソファの購入を検討している方は、ぜひ参考にしてください。

ソファの選び方

ライフスタイルに合わせてソファを選ぼう(家具メーカー/社員)

ソファ選びで重要となるポイントは、どのようなライフスタイルの中で使用するのか、という点です。ひとり暮らしをしている人と家族と一緒に生活している人では使い方や必要となるサイズが違ってきます。ひとり暮らしをしているという場合でも、寝転がって読書をする趣味があるのであれば、横幅を意識する必要があります。子供がいる方であれば、本革で作られたソファは避けるようにしましょう。子供にお菓子やジュースをこぼされてしまう可能性があるからです。自身のライフスタイルや具体的な使い方を考えれば、最適なものが見つけやすくなるでしょう。

ソファは長く使い続けられるかどうかが大事(家具ショップ/店員)

ソファやテーブル、タンスなどの家具は、そうそう頻繁に買い換えるようなものではありません。購入するときは、長く使い続けられるものを選ぶようにしましょう。購入したソファが古いタイプのものだった場合、使っていて修理が必要となった場合、「部品が廃盤になっているので」という理由で修理ができない可能性もあります。また、そのとき返品を申し出ても、「アウトレット品なので」という理由で返品を断られる可能性があります。ソファを購入する際は、アウトレット品となった理由や製造年月日などにしっかり目を通しておきましょう。お店のスタッフに聞けば、いろいろな情報を教えてくれるので、不明な点があれば気兼ね無く質問しましょう。

自分好みのソファを選ぶのが一番(激安アウトレット家具店/スタッフ)

家具を購入するときは、機能性や価格だけでなく、「自分の好みであるかどうか」という部分もしっかり意識しましょう。一口にソファと言っても、いろいろなタイプがあります。背もたれの高さや肘掛けの有無、単純な座り心地など、いろいろな部分に違いが見られます。座り心地が気になる方は、お店の人に相談して座らせてもらうといいでしょう。また、「色」も大事です。部屋の内装や雰囲気などに合わせて選ぶことも大事ですが、思いっきり自分の趣味を反映させるのも良いかもしれませんね。あとは「素材」です。ソファの素材は、本皮や合成皮革、ビニール、布などがあります。布製のソファは比較的リーズナブルですが、汚れやすく、またダメージが残りやすいという特徴を持っています。逆に言えば、その特徴ゆえに激安アウトレット家具に選ばれやすい傾向にあります。

少しの傷なら問題なし!ちょっとの工夫でカバー

傷が入っているという理由でアウトレット家具のソファを購入した方は、その多くが傷の存在や見え方などを気にせず使っています。しかし、新品のソファに見せるためにも、ちょっとした工夫をこしらえましょう。側面部分に傷が入っているのであれば、その面を壁に沿わせるように配置します。それだけで傷が全く見えなくなります。座面に入っているのであれば、ソファ専用のカバーをかけましょう。傷を隠せるだけでなく、ソファの色や部屋の雰囲気を変えることもできます。ちなみに、ダイニングテーブルも同じ方法で傷を隠したり部屋の雰囲気を変えたりすることができます。

ソファは家具の中でも大きい部類~搬入経路を調べておこう~

ソファは家具の中でもとりわけ大きな部類に含まれます。お店では本体そのものが展示されているかもしれませんが、自宅に搬入するときは当然袋や箱に梱包された状態となっています。そこで、ソファの搬入を阻む可能性のある場所を紹介したいと思います。

ソファの搬入を阻む可能性のある個所

エレベーター
マンションやアパートの2階以上に住んでいるのであれば、エレベーター内部の扉部分のサイズをチェックする必要があります。内部は奥行きと幅と高さを、扉部分は幅と高さをチェックします。ソファの横幅がエレベーターの扉部分の高さより大きかった場合、先端を内側に傾けて入れるようにします。
玄関ドア
一般住宅の玄関ドアは、幅800mm、高さ2000mmとなっています。もちろんこの「幅800mm、高さ2000mm」というのはあくまで一般的なサイズというだけで、各メーカーや件具店によって異なる場合があります。玄関ドアのサイズを念のため測るのはそのためです。また、扉のサイズが800mmでも、ドアノブや蝶番の存在で搬入可能サイズにちょっとした制限をかけてしまう可能性があります。そこも合わせてチェックしておくとよいでしょう。
廊下や天井の照明
アパートやマンションの方に住んでいる方は、廊下の高さにも注意しましょう。玄関前の廊下は、照明や梁の関係で天井が低くなっていることがあるからです。ソファの横幅よりも天井が低い場合は、ソファの先端を倒し、水平にして中に入れるようにすれば入ります。廊下に曲がり角がある場合にも注意が必要です。その場合、天井までの高さが重要になってきます。ソファを立てた状態で動かすことができるかどうか、事前に確認しておきましょう。
TOPボタン